『喉鳴き号泣オーガズム 三原ほのか』イラマチオで喉奥性感開発の研究

『喉鳴き号泣オーガズム 三原ほのか』

研修医の三原ほのかさんが、医者の先生に”喉奥オーガズム”の研究といわれて被験者にされてしまいます。

奥まで入れて頭抑えられる~

喉鳴き号泣オーガズム 三原ほのか

お医者さんの道具で喉をみられるのって、そっちの方が恥ずかしいのかも

拘束されて喉の研究?

わたしのいちばん好きなイラマチオ❤(ӦvӦ。) 開口具を嵌められての大きなディルドーの挿入とか

診察台の上に仰向けに寝かされてのイラマチオとか

喉を徹底的にいじめられて、グゴォ~っと泣かされているのが感じてしまうところです。

イラマチオされると声にならない声がケモノのようになってしまって、それが恥ずかしいのにもっとやってほしくなってしまうというトランスのような感覚になってしまうのが、早く終わって貰いたいのに、終わるとまたやってもらいたいという、よくわからない心理につながるのだと思います。